2018年6月19日火曜日

vol.1666 ブルトマン著「ヨハネ福音書の考察若干」(1928/30年)を読んで

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 前回の更新(vol.1665)と関連して、『ブルトマン著作集7』聖書学論文集1(新教出版社)に収録されている「ヨハネ福音書の考察若干」を読みました。
 「ヨハネ福音書の考察若干」はその内容が大きく2つに分けられて、A、「真理」。B、「神を見た者はまだひとりもいない(ヨハネ一・一八)」となっていた。
 今回の更新では、Aの「真理」について述べてみたい。
 

 Aの真理についても、その内容が2つに分けられて、1、旧約聖書およびその影響下における真理概念。2、ギリシア文献とヘレニズム文献における真理となっていた。

 旧約の「真理」の概念の問題性はXXL(七十人訳ギリシア語旧約聖書)がヘブル語の「エメト」を、「真理、真実」とも、「真実、信仰」とも訳すことができる、という点に示されている。したがって「エメト」の基本的な意味は「真理」のそれとは違ったものであるはずである。というのは、「真理」というギリシア語からは上記の多様な訳し方は理解しえないからである。したがって「エメト」の基本的意味を捉え、それをもとにして、そこから生じうる多様な訳し方を把握することが大切になる(本書225ページ引用)。

 本論では「エメト」の語源、意味、用法等について、丹念に記されていた。それがいかようにして「真理」と訳されているのか。ギリシア文献とヘレニズム文献において、「真理」の意味するところが(ブルトマンらしい釈義で)示されている。
 僕はブルトマンの釈義が大好きだと改めて感じた。『聖書(「ヨハネによる福音書」)』の内容はクリスチャンでない素人の僕には分からないこと(謎)だらけ。しかしながら、ブルトマンの著作を読むと、すっきりとした気分になる。いつぞやも書いたけれど、それが古かろうが、間違っていようが、自分が納得できれば、それこそが最善(真実)である。こと宗教に限っては。親鸞聖人が法然上人を信じたように。
 最後に、Bの「神を見た者はまだひとりもいない(ヨハネ一・一八)」については、次回の更新で。

 以下は余談。
 今朝は目覚ましがなくても、午前4時ちょうどに目が覚めた。習慣というものは恐ろしいものだ。恐ろしいと言えば、昨日の朝、発生した大阪北部を震源とする地震は長い間、揺れを感じた。午後になって、テレビのニュース映像を見ていたら、国立循環器病センターなど、僕にとっては懐かしい景色が映し出されていた。

2018年6月18日月曜日

vol.1665 ブルトマン著「ヨハネ福音書の序文の宗教史的背景」(1923年)を読んで

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日の朝はブルトマンが1923年に書いた論文「ヨハネ福音書の序文の宗教史的背景」を読みました。論文は杉原助訳『ブルトマン著作集7』聖書学論文集1(新教出版社)に収録されています。
 以前の更新(vol.1610)にも書きましたが、僕が初めて『ヨハネによる福音書』を読んだのは高校生の頃で、今から約30年前のこと。その序文「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった」は僕が『聖書』の中で、最も親しんだ箇所であり、ブルトマンがそれについて書いているとあっては、どうしても読まずにいられません。
 

 さて、論文に関しては、細部(序文)を取り上げていることから、同じ作者の『ヨハネによる福音書』全般を論じた著作『ヨハネの福音書』(日本キリスト教団出版局)よりも、さらに細かな分析になっており、微に入り細を穿つようで、読んでいて、難しかったというのが、正直な感想です。
 以下は僕がいつも読んでいる『ヨハネによる福音書』口語訳の「言(ことば)」と訳されているロゴスについての話題で、興味のない人は読び飛ばしてもらっても構いません。
 ブルトマンは論文の冒頭で、以下のように提議している。「どこまでが先住のロゴスについて語っていて、どこからが歴史に登場したロゴス、すなわちイエスについて語っているのか(本書41ページ引用)」と。
 また、ロゴスはそれ以前、ソフィア(知恵)であって、知恵は預言者に霊感を与える、と述べている(本書56ページ)。

 「知恵が語ることをそれから遣わされた者が語るのであり、また逆に遣わされた者の言葉は智恵そのものの言葉なのである。遣わされた者において、知恵そのものが現われ、自己を啓示するのである。だから説教するのは知恵自らなのである(本書57ページ引用)」。
 「隠れていながらそこから繰返し地上に降りてきて、その遣わされた者、すなわち預言者の姿に化身するのは、根本的には知恵そのものなのである(本書59ページ引用)」。
 「まず最初にアダムにおいて歴史的に現われ、次いでエノク、ノア、アブラハム、イサク、ヤコブ、モーセ、という一連の預言者たちにおいて自己を啓示し、最後にキリストにおいて現われるのである」(本書60ページ引用)。
 「ヨハネ福音書においては、創造の神性者と啓示の神性者とが組み合わされた存在がロゴスとして登場している(本書68ページ引用)」。

 以上は僕自身が後々、内容を確かめるために簡潔にまとめた要点です。
 以下の2つは『ヨハネによる福音書』の書き手についてで、これも僕自身が後々、内容を確かめるための備忘録です。

 「キリスト者である読者は一〇~一一節からイエスの生涯の悲劇を想起させられたに違いないことは明らかであるから、著者がそれを考えなかったとは想像しにくい(本書42ページ引用)」。
 「福音書記者自身の手になる言葉は一四節から始まっているのだ、と考える、他の可能性も存在している(本書66ページ引用)」。

 また、序文とは直接関係ありませんが、文末に記されていた事柄を、これもまた僕自身が後々、内容を確かめるために。

 「だが私(筆者であるブルトマンを指す)はここでは、この福音書では第三章と第五章とにおいてこの思想圏に由来する重要な諸命題が述べられた直後に、第一章におけると同様、証しのテーマが再び現われ、洗礼者がイエスの証人としての役割を演じぬくという事実に注意を喚起するにとどめたい(本書68ページ引用)」。

 最後に、僕から付け加えておくことがあるとしたら、ブルトマンは1884年生まれだから、39歳の時に発表した論文であり、以前の更新(vol.1654、vol.1655、vol.1656)で取り上げた『ヨハネの福音書』(日本キリスト教団出版局)の予備研究であることは言うまでもない。

 以下は余談。
 早起きをして(今朝は午前4時前)、近頃は少し前の更新(vol.1661)でも書いたように、こうして一銭にもならないことをしている自分を客観視したら、太るはずもないし、道理で嫁さんも貰えんはずだと、思わず苦笑しました。

2018年6月17日日曜日

vol.1664 丸栄のあゆみパネル展とエレベーターの扉絵

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日のお昼休みは丸栄へ行き、少し前の更新(vol.1657)で書いた東郷青児のエレベーターの扉絵を見てきました。
 

 本来ならば、こちらが本家本元で、先に取り上げるべき。しかしながら、僕が丸栄で買い物をしたのは数回程度の記憶しかありません。
 下の写真は7階で開催されている丸栄のあゆみパネル展で、僕の興味を引いたのは「懐かしの手提げ袋コレクション」でした。
 

 会場では、今月末での閉店を惜しむ人の姿、とりわけシニアの人たちを数多く目にしました。

 以下は余談。
 百貨店の手提げ袋(包装紙)といえば、名古屋では松坂屋のカトレアを思い浮かべる人も多いと思いますが、僕が最も馴染み深いのは阪急百貨店(千里阪急)のそれです。

2018年6月16日土曜日

vol.1663 午後のコーヒーブレイク

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 前回の更新(vol.1662)からの続きで、一昨日は『週刊新潮』6/21号に掲載された「食べてはいけない国産食品実名リスト第5弾」に記載されているパンを食べていたことから、自分の食生活態度を大いに反省。
 下の写真は昨日の昼食と午後のコーヒーブレイクです。
 


 以下は余談。
 昨日の午前中は長谷川公茂先生に随行して、円空さんに関する2件の打ち合わせ。さらに昨夕は円空彫り作品の依頼で、下の写真にあるように迦楼羅像(10数体)を仕上げて、発送しました。
 

2018年6月15日金曜日

vol.1662 『週刊新潮』食べてはいけない「国産食品」実名リストを読んで

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日の午後は『週刊新潮』6/21号に掲載された「食べてはいけない国産食品実名リスト第5弾」の記事を読みました。
 

 下の写真がそれで、僕は同日、リストに記載されている山崎製パンの「まるごとソーセージ」と「アップルパイ」を食べていました。
 

 自分の食生活態度を大いに反省しています。

 以下は余談。
 同じく昨日の話題で、午前中は名古屋市中川区にある荒子観音寺へ行き、国際交流基金が主催するジャポニスム2018「深みへ 日本の美意識を求めて」展へ貸与する円空仏の搬出のお手伝いをしました。
 詳細については、「円空仏彫刻・木端の会」のホームページをご参照ください(こちら から)。

2018年6月14日木曜日

vol.1661 笠井恵二著『ブルトマン』(清水書院)を読みました

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 前回の更新(vol.1660)からの続きで、R・ブルトマンその人を知りたいと思い、インターネット上の情報では当てにならないことから、笠井恵二著『ブルトマン』(清水書院)に目を通しました。
 

 「はじめに」と題して、著者の言葉が記されている。その文末を引用すると、「(中略)信徒の中にはブルトマンというと、不信仰の権化であるかのように非難する人もいた。しかしほとんどそのような人々は『非神話化』という言葉以外にブルトマンについては何も知らずに彼を非難していたのである。この小著が、そのような人々にも、ブルトマンが生涯をかけて追求したものが、本当はどのようなものであったのかを伝えることができたなら幸いである」と記されていた。
 

 本書を読んで、ブルトマンの研究とその人柄を知ることができた。とりわけ項目を挙げるとすれば、「弁証法神学運動への参加」と「画期的な『イエス』」、「ブルトマンの歴史観」について、勉強になり、大いに参考になった。

 以下は余談。
 こんな時間(午前3時過ぎ)に寝ずに起きて、一銭にもならないことをしている自分が、実に僕らしいな、と。

2018年6月12日火曜日

vol.1660 ブルトマン著『ヨハネの福音書』を読了しました


 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 以前の更新(vol.1654、vol.1655、vol.1656)で紹介して、先月末から読んでいたブルトマン著『ヨハネの福音書』(日本キリスト教団出版局)を昨夕、読了しました。
 クリスチャンではない僕に、いかほど内容を理解できたか。疑問の残るところではあるけれど、とにもかくにも、こんなに読み応えのあった本は実に久しぶりで、まるでクラシック音楽を聴くような読書の楽しさ(奥深さ)を堪能しました。
 本書をちゃんと読み込んだ証拠に、と言っては変ですが、本文中の間違いを見つけました。
 下の写真がそれで、余計な「は」があります。
 

 僕の人生の中で、これだけ多くのギリシア語に目を通したのは初めての経験で、「δσξα」(栄光)など、いくつかの単語を(否応なく)覚えました。
 さらに気になった箇所を再読して、理解の度合いを深める予定です。

 以下は余談。
 今日の午後は長谷川公茂先生が講師を務める一宮円空会の講座へ顔を出しました。