2017年9月20日水曜日

vol.1515 木彫り作品 ミョウガ

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 数日前に「ミョウガを彫ってみたら」と言われ、今朝は1時間半ほど掛かって、下の写真にあるようにミョウガを彫りました。
 

 ミョウガをあまり口にしない人には、色を塗らないと、何だか分からないかもしれません。
 参考までに下の写真は拙宅の近所にある某スーパーマーケットの商品棚に陳列されていたミョウガです。
 

2017年9月19日火曜日

vol.1514 木彫り作品のギンナンと中原中也「月夜の浜辺」

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日は以前の更新(vol.1492、vol.1502)で書いたセミやトンボを捕まえた場所へ行きました。
 あれからさらに季節が進んで、イチョウにはギンナンが実り、それがたくさん落ちていました。
 


 ギンナンを一つ拾い、お手本にして、今日の午前中、下の写真にあるように彫ってみました。
 

 ギンナンなのか、何なのか。はたまたアーモンドに見えなくもない。作品と呼ぶには程遠い出来になりました。

 以下は余談。
 ギンナンを拾った際、ふと、なぜだか中原中也の「月夜の浜辺」を思い出しました。

 月夜の晩に、ボタンが一つ
 波打際に、落ちていた。
 
 それを拾って、役立てようと
 僕は思ったわけでもないが
 なぜだかそれを捨てるに忍びず
 僕はそれを、袂に入れた。
 
 月夜の晩に、ボタンが一つ
 波打際に、落ちていた。
 
 それを拾って、役立てようと
 僕は思ったわけでもないが
    月に向ってそれは抛れず
    浪に向ってそれは抛れず
 僕はそれを、袂に入れた。

 月夜の晩に、拾ったボタンは
 指先に沁み、心に沁みた。

 月夜の晩に、拾ったボタンは
 どうしてそれが、捨てられようか?

2017年9月16日土曜日

vol.1513 木彫り作品のクルミとスズムシの産卵

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。
 
 昨日のすいとぴあ江南にて、円空仏木彫教室の生徒さんからクルミを頂戴しました。それをお手本にして、今日の午後は下の写真にあるようにクルミを彫りました。
 

 世間は3連休に台風が直撃して、残念に思っているだろうが、こちらは所用があり、惜しくも何ともない。むしろ、空模様に反して、清々しているくらいだ。

 以下は余談。
 先月中旬にすいとぴあ江南の職員様から頂戴したスズムシはメスが産卵しているのを確認しました。
 下の写真がそれで、メスの産卵管が2つに割れて、卵が挟まっています。
 

2017年9月15日金曜日

vol.1512 コーナンスタイルランチとすいとぴあ江南の円空仏木彫教室

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午後は江南市にあるすいとぴあ江南へ行き、円空仏木彫教室のお手伝いをしました。
 例によって、すいとぴあ江南にあるレストラン翠江亭で昼食。
 

 レストラン翠江亭のメニューにある吉乃御膳を食べたら、「2017江南あるあるスタンプラリー」のスタンプが押されたパンフレットを手渡されました。
 下の写真がそれで、吉乃御膳が「コーナンスタイルランチ」という企画ランチメニューのひとつになっていました。
 

 円空仏木彫教室は本日が最終日で、和気藹々とした雰囲気の中、無事に終了。
 すいとぴあ江南の1階フロアでは、下の写真にあるように生徒さんたちの力作がこの先、約1ケ月間展示されるとのこと。
 

 自分の彫った模刻が多くの人の目に触れる場所に飾られるというのは作者冥利に尽きると思います。
 文末になってしまいましたが、すいとぴあ江南の館長様をはじめとして、スタッフの皆様には、大変お世話になりました。この場を借りて、深くお礼申し上げます。

2017年9月13日水曜日

vol.1511 愛知県陶磁美術館のアジア現代陶芸展

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午前中は瀬戸市と日進市へ足を運びました。
 はじめに瀬戸市へ行き、所用を済ませた後、同市内を少し走って、愛知県陶磁美術館へ向かいました。
 愛知県陶磁美術館では開催中の2017アジア現代陶芸展を見ました。
 

 続けて、日進市まで走り、所用を済ませた後、帰途に。

 以下は余談。
 またしても生き物の話題ですが(vol.1505)、昨夜は就寝前にニホンヤモリが出現。残念ながら、写真を撮ったり、観察ができませんでした。

2017年9月10日日曜日

vol.1510 「円空仏彫刻・木端の会」のホームページがリニューアル

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 いつもお世話になっている「円空仏彫刻・木端の会」のホームページがリニューアル。是非ご覧ください。

 以下は長い余談。
 前回の更新(vol.1509)からの続きで、円空さんを「『どこの馬の骨かも分からない坊さん』を船に乗せるはずがない」と言い放ち、長谷川公茂先生(をはじめとする先達)の円空研究を否定し、敬意を払わない人が円空さんについて人前で何かを語り、円空彫りをする資格はないと思います。
 今朝は昨日の怒りを鎮めるために木彫りをしたり(オクラを彫りました)、集中力を高めるために極小の円空仏(合掌観音像)を彫りました。
 


 先々月からの低空飛行が少しばかりマシになったかと思いきや、上記のような腹の立つことや他にも不愉快なことが続いていたりして、実に心の底から休まることがありません。

2017年9月9日土曜日

vol.1509 円空さんの足取りについて

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 本日午後の出来事。
 円空さんが北へ向かった際の移動手段について、僕がどんなに説明しても納得せず、「船に乗らず、歩いて行った」と唱える(反論する)人がいました。
 正直言って、腹が立ちました。
 円空さんは現在で言うところの、福井県から船に乗って、青森県へ向かいました。
 仮に歩いて行ったならば、道中に極初期像が遺されていたり、円空さんの歌に地名が詠まれているに違いありません。

 以下は余談。
 下の写真は荒子観音寺が所蔵する円空作の不動明王像で、僕の円空彫りの師匠である故山口様が長谷川公茂先生からお借りしてお手本にした写真の一部です(写真の転載・再配布等を固く禁止します)。
 

2017年9月8日金曜日

vol.1508 江南市歴史民俗資料館とすいとぴあ江南の円空仏木彫教室

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今朝は少しだけ早起きをして、円空仏の模刻を彫りました。
 下の写真がそれで、聖観音立像です。
 

 像高は15センチで、廃材を再利用して、約30分ほどで仕上げたけれども、久しぶりに彫ったことから、腕が鈍っていることに気が付いて、ちょっと焦りました。
 所用を済ませた後、江南市へ行き、江南市歴史民俗資料館を見学。
 

 展示品の中には、下の写真にあるように音楽寺から出土した布目瓦の破片があったことから、以前の更新(vol.1500)で書いた自分の持っているそれと比較してみました(当然ながら、結果は同じものでした)。
 

 次に江南市内を少し走って、すいとぴあ江南へ向かい、心地よい風が吹いていたことから、木曽川沿いの遊歩道を散歩。
 

 例によって、すいとぴあ江南にあるレストラン翠江亭で昼食。
 

 午後からはすいとぴあ江南の2階にある研修室で行われた円空仏木彫教室のお手伝いをしました。
 

 今朝彫った聖観音立像は円空仏木彫教室の生徒さんの手本として差し上げました。
 文末になってしまいましたが、レストラン翠江亭では親切にしていただいたことから、この場を借りて、お礼申し上げます。

 以下は余談。
 円空仏木彫教室の合間には、長谷川公茂先生がお越しになられて、個人的にいくつかのご教示をいただきました。少し先のことになりますが、機会を見つけて、報告できれば、と思います。

2017年9月6日水曜日

vol.1507 木彫り作品 オクラ

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午後は木彫りで、オクラを彫りました。
 下の写真の画面上が見本(実物)で、画面下が木彫り作品です。
 

 見本(実物)のオクラは季節が進んで、少し大きく育ちすぎているように思えました。
 僕の個人的な嗜好ですが、夏バテ防止といった身体に良くても、納豆やオクラなどのネバネバ食品はちょっと苦手です。

2017年9月5日火曜日

vol.1506 駿東伊豆消防本部の全国消防カード

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 平成28年4月に沼津市、伊東市、伊豆市、伊豆の国市、東伊豆町、函南町、清水町の4市3町による消防の広域化で、駿東伊豆消防本部が発足して、先月末に新しく全国消防カードを作成したとのことから、早速ゲットしました。
 

 他の全国消防カードはすべて裏面右上の記載が「平成27年現在」となっていますが、駿東伊豆消防本部のそれは新しく作成されたことから、「平成29年現在」となっています。
 広域化によって新しく発足した消防局や消防本部については、駿東伊豆消防本部と同様に新しい消防カードを作成してくださることを密かに期待しています。

 以下は余談。
 ブログをお読みいただいているそまそま様から、公共配布カードをトレードしていただきました。
 下の写真がそれで、この場を借りて、お礼申し上げます。
 

2017年9月2日土曜日

vol.1505 アブラコウモリの観察

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨晩から拙宅に珍客がやって来ていたらしく、下の写真がそれで、アブラコウモリです。
 

 今朝は僕の部屋の中を所狭しと飛びまわっているのを捕まえて、下の写真にあるように観察しました。
 


 体長、目、耳、歯、五本指など、小一時間ほど観察して、放してやると、元気よく飛んで行きました。

 以下は余談。
 先月からカエル、セミ、トンボ、スズムシ、コウモリといった生き物に関する話題が続いており、恥ずかしながら、まるで子どもの夏休みの自由研究のようなブログになっています。
 ひょっとしたら、怪獣のゴジラも生き物に含まれるのかな、と。
 話題は多々あるのだけれど、いろんな事情があって、書きたいことの半分も書いていないと言うか、書けないのです。

2017年9月1日金曜日

vol.1504 すいとぴあ江南にて円空仏木彫教室のお手伝い

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日は江南市にあるすいとぴあ江南へ行きました。
 下の写真はすいとぴあ江南の展望タワーです。
 

 すいとぴあ江南にあるレストラン翠江亭で昼食。
 

 午後からはすいとぴあ江南の2階にある研修室で行われた円空仏木彫教室のお手伝いをしました。
 下の写真が教室の様子で、指導する「円空仏彫刻・木端の会」のメンバーと教わる生徒さんたちは皆、真剣そのもの。
 

 生徒さんたちの力作は後日、すいとぴあ江南で飾られる予定だとお聞きしています。

2017年8月30日水曜日

vol.1503 名古屋市博物館のゴジラ展

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日の午後は名古屋市瑞穂区へ行き、名古屋市博物館で開催中のゴジラ展を見てきました。
 

 下の写真は展示されていたゴジラスーツです。
 

 ずいぶん前にチケットを頂戴したことから、今月上旬、中学生の甥っ子と一緒に足を運ぼうと誘ったのですが、彼は幼い頃から特撮に興味がなかったこともあって、僕は寂しく一人で、ということに。

 以下は余談。
 少し前の更新(vol.1496)で木彫り作品の枝豆について書きました。その際、莢(さや)に3粒が入っている枝豆を彫りましたが、今回は2粒のそれを彫りました。
 


2017年8月28日月曜日

vol.1502 トンボ捕り

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日は少し前の更新(vol.1492、vol.1496)で書いていたアブラセミのたくさんいる場所へ行きました。
 しかし、季節が進んで、セミの数は減っており、その代わりと言っては変ですが、下の写真にあるようにトンボを捕まえました。
 

 アブラセミと同様、シオカラトンボを捕まえる際に網は使わず、手掴みです。

 以下は余談。
 少し前の更新(vol.1498)にて、すいとぴあ江南でスズムシをもらったことから、飼育していると書きました。
 下の動画がそれで、毎夜、鳴き声を聞かせてくれます(ブラウザによっては、再生されない場合もあります)。

video


2017年8月26日土曜日

vol.1501 アウトライダー2017年10月号発売中

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 一昨日のことになりますが、ツーリングマガジン・アウトライダーの2017年10月号が発売されました。
 下の写真が目次で、特集は昭和レトロとなっており、僕が推薦する懐かしスポットも48ページと49ページに載っていることから、書店で手に取っていただければ幸いです。
 


2017年8月25日金曜日

vol.1500 長谷川公茂先生の講演と音楽寺の円空仏拝観

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午後は前々回(vol.1498)の更新でも触れましたが、江南市にある村久野会館へ行き、すいとぴあ江南が主催する円空仏木彫教室の特別講座である長谷川公茂先生の講演を聴いた後、音楽寺の円空仏に会ってきました。
 下の写真は村久野会館で講演されている長谷川公茂先生です。
 

 下の写真は音楽寺の円空仏で、大護法善神像です(写真は音楽寺と村久野総合観光委員会から許可を得て撮影しており、転載・再配布等を固く禁止します)。
 

 昨年と同様(vol.1325)、長谷川公茂先生の講演と音楽寺の円空仏拝観という贅沢な時間を過ごすことができました。また、特別講座(講演と拝観)の終了後、すいとぴあ江南の館長様からお声を掛けていただき、スタッフの皆様と一緒にコーヒーを飲みました。 
 文末になってしまいましたが、長谷川公茂先生と村久野総合観光委員会、すいとぴあ江南の皆様には、大変お世話になりました。この場を借りて、深くお礼申し上げます。
 このブログ「東海・旅の足跡」の記念すべき(!?)1500回目の更新に相応しい内容となりました。

 以下は余談。
 下の写真は僕が持っている音楽寺の境内から出土した昔の瓦です。
 

2017年8月23日水曜日

vol.1499 長久手市のマンホールカードと消防カード

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午前中は長久手市と日進市で所用を済ませた後、長久手市文化の家へ立ち寄りました。
 下の写真は長久手市文化の家の入口です。
 

 長久手市文化の家のインフォメーション(受付)にて、長久手市のマンホールカードをゲット。
 下の写真がそれで、マンホールカードに併せて、ハガキ大の紙に印刷された説明文とマグネットになっている缶バッチが付いていました。
 

 文末になってしまいましたが、インフォメーション(受付)にて、応対していただいた女性職員様には、大変親切にしてくださったことから、この場を借りて、お礼申し上げます。

 以下は余談。
 長久手市の話題ということで、下の写真は同市の消防カードです。
 

 マンホールカードは多くの人たちがゲットしていると思いますが、消防カードをゲットしている人は限られるでしょうから。

2017年8月19日土曜日

vol.1498 スズムシの飼育と消防カードのトレード

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日8月19日はバイクの日ということで、ツーリングの話題を、と思いましたが、前回からの更新(vol.1497)の続きになります。
 昨日、すいとぴあ江南へ行き、円空仏木彫教室のお手伝いをしました。その際に、フロントにスズムシが置かれていて、鳴き声に耳を傾けていたところ、すいとぴあ江南の職員様から特別にスズムシを頂戴しました(この場を借りて、お礼申し上げます)。
 

 頂戴したスズムシはオスが10匹、メスが4匹で、昨晩はきれいな鳴き声を聞かせてくれました。
 すいとぴあ江南で行われている円空仏木彫教室は来週に限り、村久野会館(江南市村久野町寺町76・無料駐車場有)にて、長谷川公茂先生の特別講演と音楽寺の円空仏拝観になります。
 

 円空さんを語るのは枚挙に暇がないけれど、言わずもがな、長谷川先生の言葉が最も心に響きます。

 以下は余談。
 ブログをお読みいただいたBsClub様からトレードした消防カードが届きました。
 下の写真がそれで、この場を借りて、お礼申し上げます。
 

 消防カード等のトレードは現在も継続中。ご希望の方はコメント欄よりご連絡ください。

2017年8月18日金曜日

vol.1497 すいとぴあ江南の円空仏木彫教室

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日は江南市にあるすいとぴあ江南へ行きました。
 下の写真はすいとぴあ江南の館内から見上げた展望タワーです。
 

 すいとぴあ江南にあるレストラン翠江亭で昼食。
 

 午後からはすいとぴあ江南の2階にある研修室で行われた円空仏木彫教室のお手伝いをしました。
 下の写真が教室の様子です。
 

 すいとぴあ江南で行われている円空仏木彫教室は充実した内容が人気で、今年で5年目となります。
 文末になってしまいましたが、「円空仏彫刻・木端の会」のメンバーとすいとぴあ江南の館長様をはじめとするスタッフの皆様には、大変お世話になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。

 以下は余談。
 すいとぴあ江南からの帰途、国道155号線を走っていたら、下の写真(画面中央下)にあるように虹を目にしました。
 

2017年8月17日木曜日

vol.1496 木彫り作品の枝豆

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日の午後は木彫りで、枝豆を彫りました。
 下の写真がそれで、枝豆は以前にも彫っていましたが、この時期に改めて彫ってみました。
 

 画面にある2つの枝豆は材料となった木や彫り方(仕上げ)が違っています。
 色を付ければ(塗れば)、もっと本物らしく見えるのだろうけれど。

 以下は余談。
 今日は以前の更新(vol.1492)に書いたセミのたくさんいる場所へ行きました。
 例によって、手の届く高さの木の幹にとまっているセミを探しては、そのまま手掴みで捕まえて遊びました(計4匹)。
 

2017年8月16日水曜日

vol.1495 夏休みの思い出

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 毎夏の恒例となっている話題を。
 下の写真は日本モンキーセンターへ行き、モンプルで遊んだ後、若い太陽の塔に登った姪っ子です。
 

 下の写真は名鉄沿線ポケモンスタンプラリー2017の台紙で、甥っ子がスタンプを集めました。