2017年7月26日水曜日

vol.1489 木彫り作品 落花生とドングリ

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 木彫りの話題で、りんごやイチョウの葉などを彫っていると、以前の更新にも書きましたが、もっと何かしら彫ってみようと思い立ち、あれやこれやと試行錯誤して、下の写真にあるように落花生を彫りました。
 

 ドングリも下の写真にあるように彫ったのですが、せっかくの木彫りゆえに、僕は木目を重視して、基本的に彫った作品に色を付けない(塗らない)ことから、それに見えないかもしれません。
 

 実物とはまた違った良さを味わえるように彫りたいな、と。木彫りを趣味で楽しんでいる人ならば、こう書けば分かってくださるのでは、と思います。

2017年7月19日水曜日

vol.1488 笠松町歴史未来館の「笠松に伝わる円空さん」展

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午後は長谷川公茂先生に随行して、羽島郡笠松町へ行き、笠松町歴史未来館で展示されている円空仏に会ってきました。
 下の写真は笠松町歴史未来館の企画展示室で行われている笠松の文化財展「笠松に伝わる円空さん」です。
 

 下の写真が展示されていた慈眼寺の円空仏で、不動明王像です(写真は笠松町歴史未来館から許可を得て撮影しており、転載・再配布等を固く禁止します)。
 

 同じく展示されていた蓮国寺の円空仏については、2年前の夏に足を運んでいます(vol.1075)。
 展示されていた4体の円空仏を熟覧した後は、長谷川公茂先生との楽しい円空談義で、笠松町の円空仏について、改めてレクチャーを受けました。

 笠松の文化財展「笠松に伝わる円空さん」
 笠松町歴史未来館(羽島郡笠松町下本町87)
 展示期間 7月11日~8月20日
 開館時間 9時~17時
 休館日 月曜日

 文末になってしまいましたが、笠松町歴史未来館の館長様をはじめ、関係者の皆様には、写真撮影等で、大変お世話になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。

 以下は余談。
 笠松町歴史未来館は以前に収集していた文化遺産カードの配布場所でもあります(vol.1212)。

2017年7月15日土曜日

vol.1487 木彫り作品 登山靴

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 少し前の更新(vol.1478、vol.1483)で、円空彫りの合間の息抜きと称して、りんごやイチョウの葉を彫っていると書きましたが、いつもお世話になっている「円空仏彫刻・木端の会」のS様が根付の登山靴を彫っているとお聞きしたことから、過日、見本を頂戴して、僕もチャレンジ。
 下の写真がそれで、画面右手前がS様から頂戴した見本で、他の2つは僕が彫り、開けた穴にひもを通しました。
 

 僕の登山靴は靴箱にありますが、もうずっと履いていません。
 文末になってしまいましたが、「円空仏彫刻・木端の会」のS様には、この場を借りて、お礼申し上げます。

 以下は余談。
 以前の更新(vol.1474、vol.1475)にも書きましたが、相変わらずの低空飛行中。「ブラームスはお好き」ではないけれど、馬齢を重ねたせいか、嫌いだったものが好きになったり、と。最近では、雨の日がそのひとつなのだが、このところの記録的な豪雨にも関連して、空を見上げることが多くなりました。
 

2017年7月14日金曜日

vol.1486 伝前田利家公の甲冑と甲冑師熱田伸道(小川伸夫)先生

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日は名古屋市中川区にある荒子観音寺へ行き、伝前田利家公の甲冑のお手入れのお手伝いをしました。
 下の写真は荒子観音寺の本堂にて、甲冑師である熱田伸道(小川伸夫)先生が伝前田利家公の甲冑のお手入れをされています。
 

 甲冑師と聞けば、職人気質の血気盛んな人と、勝手な想像をしていました。が、お会いした熱田伸道(小川伸夫)先生は温厚篤実なお人柄といった印象を受けました。
 お手入れの合間には、朴訥な語り口で、甲冑の特長や歴史的変遷を教えてくださり、大変勉強になりました。また、山岡荘八の歴史小説がお好きだということもお聞きしました。
 下の写真は『荒子観音寺 伝前田利家の甲冑』の表紙で、僕は例によって、熱田伸道(小川伸夫)先生にサインしていただきました。
 

 文末になってしまいましたが、荒子観音寺のご住職様には、伝前田利家公の甲冑を熟覧する機会を与えていただき、この場を借りて、お礼申し上げます。

 以下は補足。
 『荒子観音寺 伝前田利家の甲冑』は荒子観音寺にて販売しています(1冊500円)。また、伝前田利家公の甲冑は通常、見学できませんので、ご注意ください。

2017年7月8日土曜日

vol.1485 古川美術館「山本眞輔 彫刻60年の軌跡」展

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午前中は長久手市と日進市で所用を済ませた後、名古屋市千種区にある古川美術館へ行き、財団設立30周年記念展「山本眞輔 彫刻60年の軌跡」を見てきました。
 下の写真が古川美術館のエントランスホールです(写真は許可を得て撮影しています)。
 

 古川美術館は昨年夏に足を運んだことから(vol.1323)、今日の午前中は別の場所へ向かう予定でした。しかしながら、最近、彫刻芸術について考えることが多くなったことで、急遽、変更して良かったな、と。
 展示されていた作品の中では、「PACE(平和の祈り)」や「心の旅 エーゲ海」などが印象に残りました。
 山本眞輔氏の作品は名古屋市内を走っていて、伏見通りを南下すると、三蔵交差点の南東側に金色をした女性3人の彫像等で目にした記憶があります。また、後で知ったことですが、以前足を運んだ豊川市消防署本署前にあったブロンズ像「若き志」も目にしていました(vol.1215)。

 以下は余談というか、備忘録。
 日付が前後しますが、ちょうど1週間前のことで、雨降りの中、下の写真にあるように関市にある弥勒寺へ行き、以前(vol.1419、vol.1429)にブログで紹介した合掌観音像、善女龍王像、千面菩薩像の模刻を奉納しました。
 

2017年7月5日水曜日

vol.1484 一宮円空会の社会科見学とすいとぴあ江南の円空仏木彫教室

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午後は長谷川公茂先生が講師を務める一宮円空会の社会科見学に途中合流して、小牧市にあるメナード美術館で開催中の所蔵企画展「花」を見てきました。
 下の写真はメナード美術館前に停車中の一宮市の生涯学習バス「マナビィ号Ⅱ」で、車両の後方には一宮七夕まつりの吹流し飾りが描かれています。
 

 少し先のことになりますが、昨年(vol.1325、vol.1344)に続き、今年も江南市にあるすいとぴあ江南にて、円空仏木彫教室が行われます。
 日程は8月18日、8月25日、9月1日、9月8日、9月15日の全5回で、木彫教室は「円空仏彫刻・木端の会」による指導と、併せて長谷川公茂先生の講演があります。
 詳細については、すいとぴあ江南のホームページ内にある「広報すいとぴあ」をご参照ください。

2017年6月30日金曜日

vol.1483 木彫り作品 イチョウの葉

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 円空彫りの合間の息抜きには、りんごを彫っていると書きました(vol.1478、vol.1481)。
 りんごの他にも好んで彫っている作品があり、下の写真がそれで、イチョウの葉です。
 


 上の写真からは分かりづらいかもしれませんが、木彫りのイチョウの葉の厚み(薄さ)は1~2ミリ程度となっており、材料には曲がった木を使用していることから、1枚の葉を彫るのに約30分も掛かります。
 最初にりんごを取り上げた際も書きましたが、実物そっくりではなくて、鑿跡などの木彫りらしさを残しつつ、仕上げなければ、作品として成立しません。

2017年6月29日木曜日

vol.1482 旅具屋にてバイクのステッカー

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 前々回の更新(vol.1480)に関連した話題で、僕の愛車にはツーリングマガジン・アウトライダーのステッカーを貼っています。
 下の写真がアウトライダーのステッカー。
 

 上の写真にある赤色の他に全部で4色あり、素敵なデザインで、とても格好良いでしょ、と。
 ステッカーは旅具屋にて通信販売しています。

2017年6月26日月曜日

vol.1481 続 木彫り作品 りんご(アルプスの乙女と王林)

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 先週末の更新(vol.1478)で円空彫りの合間の息抜きにりんごを彫っていると書きました。
 下の2枚の写真がそれで、一口にりんごと言っても、いろんな品種があり、上が姫りんご(アルプスの乙女)、下が青りんご(王林)です。
 


 りんごは赤い、もしくは青りんごながら、僕の彫刻作品に絵画のような色彩はなく、単色です。また、りんごの軸(果梗)も同じ木から彫っています。
 いつもお世話になっている円空仏彫刻・木端の会のM様に、「I さんから」と材料を頂戴して、それで青りんご(王林)を彫りました。
 ブログでは写真しか載せられませんが、僕が彫る円空仏(模刻)もりんごも見るのではなく、本当は手にとり、触れてもらえれば、と思っています。

2017年6月24日土曜日

vol.1480 ツーリングマガジン・アウトライダーの発売日

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日は偶数月の24日ということで、ツーリングマガジン・アウトライダー8月号の発売日です。
 下の写真は目次で、僕の書いたコラムが本誌108ページに掲載されていることから、書店へ足を運んだ際は、手に取っていただければ幸いです。
 

 以下は余談。
 今日の午前中は所用で、長久手市、日進市、名古屋市中区と走りました。

2017年6月21日水曜日

vol.1479 江南市 音楽寺のあじさい祭りと円空仏

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午前中は江南市にある音楽寺へ行き、円空仏に会ってきました。
 下の写真は音楽寺にある村久野区歴史資料館で、館内に円空仏が安置されています。
 

 半月前に足を運んだ際(vol.1472)は、じっくりと円空仏を拝む時間がなかったことから、日を改めて、ということで。
 下の写真は音楽寺の円空仏で、十二神将の午像です(写真は音楽寺と村久野総合観光委員会から許可を得て撮影しており、転載・再配布等を固く禁止します)。
 

 境内ではあじさい祭りが行われており、お弁当などが販売されています。
 下の2枚の写真がそれで、上がお弁当、下がういろうです。
 


 雨に濡れたあじさいを鑑賞しながら、お茶をご馳走になり、円空談義や世間話をして、楽しい時間を過ごしました。

 音楽寺(村久野区歴史資料館)
 江南市村久野町寺町73
 第19回 あじさい祭り 6月3日~25日
 円空仏拝観 (300円)
 駐車場 (無料)

 文末になってしまいましたが、音楽寺と村久野総合観光委員会の皆様(とりわけH様とK様)には、過日(vol.1472)と同様、大変お世話になりました。この場を借りて、深くお礼申し上げます。

2017年6月17日土曜日

vol.1478 木彫り作品 りんご

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 趣味とは言えど、円空彫りの記事を立て続けに更新していたら、余暇は仏像(模刻)ばかりを彫っている変な人だと思われているのだろうな、と。
 合間には息抜きと称して、仏像(模刻)以外を実は彫っていたりします。
 たとえば下の写真がそれで、30分ほどで彫りました。
 

 りんごを彫るのは意外と難しい。出っ張りやへこみといった箇所のごまかしが利きません。何よりも誰もが実物を見慣れており、見比べることもできるから。
 しかしながら、実物そっくりではなくて、鑿跡などの木彫りらしさを残しつつ、仕上げなければ、作品として成立しません。
 木彫り作品で思い出すのは、高村光太郎の彫った鯰や蝉、栄螺で、それらを目にしたことがありますが、本当に凄いな、と。

2017年6月16日金曜日

vol.1477 続 円空彫り 観音坐像

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 先日から彫っていた観音坐像は、前回の更新(vol.1476)にもあるように、残すところ衣文や蓮台などになったことから、今日の午前中に完成しました。
 

 観音坐像は千面菩薩と並んで、円空彫りの基本であり、出来上がりはごまかしが一切利かないことから、一目見れば、腕前が分かります。
 自己採点では65点の出来映えながら、仏師でもない素人が廃材を再利用して、ホームセンターで購入した道具を使い、ここまで彫れたならば、充分ではないか、と。
 私ならば、もっと上手に彫れるという人がいたら、ぜひとも教わりたいです。ただし、円空彫り作品を販売している残念な人を除いて(円空さんは施したはずで、金銭にはしていないから)。
 ちなみに早坂暁著『円空の旅』(佼成出版社)では、円空さんは病人の枕元で、こうした観音坐像をすぐさま彫って、手渡したと記されており、まるで見てきたかように書かれてるのは、さすが『夢千代日記』等の脚本家だなあと尊敬します。

2017年6月14日水曜日

vol.1476 円空彫り 観音坐像

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨夜は夕食後に観音坐像を彫りました。
 下の写真がそれで、材料は廃材を再利用しており、像高が約12センチの掌サイズながら、ここまで彫るのに30分以上も掛かってしまい、現在の自分が置かれている状況(低空飛行中)を象徴するかのようです。
 

 昨夜からの続きで、今朝は観音坐像の頭部等を彫りました。
 下の写真がそれで、いかにも自分らしい出来具合となっています。
 

 いつでも気軽に手に取ってもらい、飽きのこない像を、と彫っています。しかし、像の表面にある板目の模様が(見ようによっては)少し不気味に映るかもしれません。

 以下は余談。
 いつもお世話になっている円空仏彫刻・木端の会のM様とお約束した千面菩薩の薬師如来像は既に彫り終えました。
 下の写真がそれで、こけしのようなかわいらしさを意識して彫りました。
 

2017年6月11日日曜日

vol.1475 公共配布カードの収集とトレード(交換)

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 過日、全国消防カードの収集が目標としていた計500枚に届いた。もともとコレクター(収集家)ではないし、公共配布カードを際限なく収集するのもどうか(無理だ)と思うことから、ここらで一度、立ち止まることに決めた。
 新しく収集するのは止めるが、手元に余剰のカードがあることから、トレード(交換)だけは引き続き行うということで(トレードに関しては、「上海円空飯店」内のページを参照)。
 下の2枚の写真の上がTSammy様、下がそまそま様からトレード(交換)していただいた各種カードで、この場を借りて、お礼申し上げます。
 


 以下は余談。
 前回の更新(vol.1474)にも書きましたが、未だ低空飛行中で、昨日は半ばヤケクソというか、空元気でした。

2017年6月5日月曜日

vol.1474 公共配布カード 配水塔カードの収集

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 前回の更新(vol.1473)からの続きで、今日の午後は配水塔のデザインされたなごやコレクションカードを収集しました。
 下の写真がそれで、吉根配水塔と鳴海配水塔です(都合により、画像の一部を加工しています)。
 

 なごやコレクションカードに限らず、公共配布カードをトレード(交換)しています。 こちら のページをご参照の上、コメント欄にて、お知らせください。

 以下は余談。
 今日の午後、落ち込むと言うか、気が滅入ることがあり、それが今も少しばかり尾を引いています。

2017年6月4日日曜日

vol.1473 なごやコレクションカードの収集と松坂屋美術館の日本新工芸展

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の午前中は前々回の更新(vol.1471)で書いた名古屋市上下水道局の「なごやコレクションカード」を収集しつつ、松坂屋美術館で開催中の日本新工芸展を見てきました。
 下の写真がゲットしたなごやコレクションカードです(都合により、画像の一部を加工しています)。
 

 上の写真にある画面右下は白鳥庭園のチケット裏面です。なごやコレクションカードは無料となっていますが、厳密に言えば、「東山スカイタワー」のカードをゲットした際、白鳥庭園の入園料が必要になりました。また、収集の際に感じたのは、配布場所によって、親切な応対とそうでないところがありました。
 カード収集の合間に栄地区へ向かい、同時に所用を済ませて、松坂屋美術館へ行き、下の写真にあるように日本新工芸展を見てきました。
 

 なごやコレクションカードは全9種類のうち、東山配水塔、松重閘門、平和公園アクアタワー、名古屋テレビ塔、東山スカイタワー、名古屋港ポートビル、猪高配水塔の7種類をゲットしたことから、残りの2種類は後日ということで。

2017年6月3日土曜日

vol.1472 江南市 音楽寺のあじさい祭りと円空仏

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日は江南市にある音楽寺へ行き、あじさい祭りに参列して、円空仏に会ってきました。
 下の写真は音楽寺にある村久野区歴史資料館で、館内に円空仏が安置されています。
 

 下の写真は音楽寺の円空仏で、月光菩薩です(写真は音楽寺と村久野総合観光委員会から許可を得て撮影しており、転載・再配布等を固く禁止します)。
 

 下の写真は音楽寺の境内で行われたあじさい祭り開会式典の様子です。
 

 開会式典の後、音楽寺に隣接する村久野会館で、江南市長や長谷川公茂先生といったご来賓の皆様方と会食して、お土産にと、下の写真にあるように「音楽寺せんべい」を頂戴しました。
 

 音楽寺(村久野区歴史資料館)
 江南市村久野町寺町73
 第19回 あじさい祭り 6月3日~25日
 円空仏拝観 (300円)
 駐車場 (無料)

 文末になってしまいましたが、音楽寺と村久野総合観光委員会の皆様(とりわけH様とK様)には、昨年(vol.1284)と同様、大変お世話になりました。この場を借りて、深くお礼申し上げます。

2017年6月1日木曜日

vol.1471 名古屋市上下水道局「なごやコレクションカード」

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 今日の朝日新聞(朝刊)紙面に「なごやコレクションカード」の記事が載っていました。
 下の写真がそれで、全9種類の中に松重閘門があることから、集めてみたいです。
 

 記事には「塔カード」とありますが、松重閘門は塔だったのか、と。

2017年5月31日水曜日

vol.1470 水の恵みカード「舞木乙部地区のナシ」と豊田市近代の産業とくらし発見館

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日の午前中は長久手市と日進市で所用を済ませた後、豊田市の中心市街地へ向かいました。
 はじめに豊田加茂総合庁舎へ行きました。
 

 庁舎3階にある豊田加茂農林水産事務所の建設課へ足を運んで、水の恵みカードをゲット。
 下の写真がそれで、舞木乙部地区のナシが紹介されています。
 

 次に少し走って、下の写真にあるように豊田市近代の産業とくらし発見館を見学。
 

 昔は愛知県蚕業取締所第九支所と言って、カイコの病気の検査を行っていた建物で、現在は国の登録文化財になっています。
 下の写真は第1展示室で、水車やガラ紡、養蚕といった豊田市の近代産業を紹介しています(写真は許可を得て、撮影しています)。
 

 ミニ企画展として「まゆまつり」と題する展示が行われており、下の写真にあるようにカイコの飼育を目にしました。
 

 豊田市と聞けば、自動車をイメージしますが、それは戦後(高度経済成長期以降)のことであって、それまでは挙母市であり、製糸業だったのだ、と。

 以下は余談。
 今日は「水循環白書(平成28年度 水循環政策)」に目を通しました。なかなか読み応えがあります。付言すると、首相官邸ホームページ内にある総理大臣の「主な本部・会議体」資料を読めば、官僚がちゃんと仕事をしている(悪く言えば、忖度している)からこそ、物事が速やかに進んで行くのだ、と思います。

2017年5月30日火曜日

vol.1469 静岡市 臨済寺の円空仏

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 一昨日は長谷川公茂先生に随行して、静岡市へ行き、臨済寺の円空仏に会ってきました。
 下の写真は臨済寺の山門で、参道から山門を撮影する長谷川先生です。
 

 下の写真は臨済寺の本堂で、ご本尊さまに手を合わせた後、短い時間ながら、本堂内の襖絵や仏頭、竹千代御手習い之間、国指定名勝の庭園などを目にしました。 
 

 下の写真は臨済寺の書院に安置されている円空仏で、十二神将の卯像です(写真は臨済寺から許可を得て撮影しており、転載・再配布等を固く禁止します)。
 

 臨済寺の円空仏については、長谷川先生が『円空研究19』の29ページに「静岡市大岩 臨済寺十二神将卯像」と題する一文を執筆されています。

 臨済寺
 静岡市葵区大岩町7−1
 (円空仏は通常、非公開で、拝観不可。)

 文末になってしまいましたが、円空仏の拝観に際しては、臨済寺と長谷川公茂先生、バイク仲間のO君に大変お世話になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。

2017年5月29日月曜日

vol.1468 続 めぞん一刻「たばこ火災防止キャンペーン」

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 2年前の更新(vol.1105、vol.1156)で書いためぞん一刻「たばこ火災防止キャンペーン」について、過日、某消防本部へ立ち寄った際に見つけたのですが、以前とはデザイン等が変わっていました。
 下の写真の画面左が以前の「寝たばこが心配の巻」で、画面右が今回見つけた「一刻館は寝たばこ禁止の巻」です。
 

 僕はタバコを吸わないから、全然関係無いけれど、消防署へ足を運んで、全国消防カードをゲットをゲットするきっかけになったのが、めぞん一刻「たばこ火災防止キャンペーン」でした。

 以下は余談。
 ブログをお読みいただいたBs Club様から、全国消防カードをトレードしていただきました。
 下の写真がそれで、この場を借りて、お礼申し上げます。
 

 全国消防カードの他にも、マンホールカード等の公共配布カード(ダムカードを除く)をトレードしています。
 詳しくは 上海円空飯店 のページをご覧ください。

2017年5月28日日曜日

vol.1467 美濃焼ミュージアム「幻のナカヤマ」展と岐阜県現代陶芸美術館「コレクション クロニクル」展

 ブログ「東海・旅の足跡」をお読みいただき、ありがとうございます。

 昨日の午前中は多治見市へ足を運びました。
 はじめに美濃焼ミュージアムへ行き、企画展「幻のナカヤマ 華麗なる洋食器の世界」を見てきました。
 

 下の写真は企画展の会場です(写真は許可を得て、撮影しています)。
 

 下の写真は展示品の1つで、コーヒー碗皿です(写真は許可を得て、撮影しています)。
 

 次に少し走って、岐阜県現代陶芸美術館へ行き、「開館15周年記念 コレクション クロニクル 制作年からみる岐阜県現代陶芸美術館コレクション」を見てきました。
 

 下の写真は展覧会の会場内で配られていた鑑賞カードです。
 

 下の写真はセラミックパークMINOのカスケード広場で、池(水面)にも作品が屋外展示されていました。
 

 美濃焼ミュージアムと岐阜県現代陶芸美術館は何度も足を運んでいることから、2つの展示の鑑賞を済ませて、帰途に。